デリヘル嬢も使う低用量ピルで生理を早める

デリヘル嬢などの風俗嬢は月経中には仕事をすることができません。
正社員制度などがなく、休みの日にはお給料がゼロになってしまうデリヘル嬢は、できるだけ月経の期間を短くしてお店に出る稼働日を増やすことが収入アップには必要となります。
生理は全くなくしてしまうのは女性としての機能を失いかねないので心配ですが、月経の始まる期間を早めて軽くすることで、月経周期をコントロールしたり、生理を軽くすることができるのが低用量ピルです。
デリヘル嬢は低用量ピルを上手に活用しながら仕事のシフトをコントロールして、効率的に稼いでいるのです。

低用量ピルで月経を早めるメカニズムは子宮内膜の状態にあります。
ピルを服用していない女性の子宮内膜は卵胞が充実して排卵が始まる前と後では全く違った状態にあります。
ところがピルを服用していると子宮内膜の状態が排卵前も後も同じ状態になっており、黄体ホルモンが減少すればいつでも出血する状態で保たれているのです。
ピルを服用していると21日の服用期間が決められていますが、この服用期間を短くしてその次の7日間の偽薬の服用を始めればすぐに生理が始まるのです。
月経を早めたい分ピルの服用期間を短くすることで、月経の開始を早めることができるのです。
ただし極端な生理周期を早める行為はホルモンサイクルが乱れる原因となってしまうので、避けたほうがよいでしょう。
大事なスケジュールがあるときなど、あらかじめ計画建てて月経周期を早めることで大切な日を最適なコンディションで迎えることができるのです。
このように低用量ピルを使うことで体の悩みの煩わされることなく、毎日の生活をより快適に送ることが出来るようになります。