低用量ピルの働きと使用中に冷麺を食べる

低用量ピルは米国で誕生した安全性の高い商品です。
まだ日本人女性の間での知名度は若干低いと言われていますが、現在では若年層を中心に避妊と副効用を目的に、
そのお薬を飲み始める方々が増えて来ました。
低用量ピルは副作用が小さな避妊薬です。性行為の回数や頻度が増え始めてきたら、生活習慣に取り入れましょう。
ドラッグストアにあるコンドームを性行為の際、使えば高確率で避妊が可能ですが、
男性が装着を忘れる、あるいは意図的に拒否する等、正しく避妊法が取れない事もあります。
また低用量ピルには本来の目的である避妊効果以上に、副効用であるPMSのデメリット緩和という利点が存在します。

月経の際の痛みの緩和、貧血症状のリスク軽減、月経不順の予防と対策、または女性特有の病気の回避など、
低用量ピルには嬉しい副産物的メリットがあり、顔のニキビや体毛が生えやすいといった体質に悩む女性にもおすすめです。

低用量ピルを飲む上で、気をつけたいのが他の医薬品との飲み合わせです。
医薬品の組み合わせによっては、胃の中で交じり合い、危険な作用が生じます。
低用量ピルを飲み始めた後、別の病気や体調不良で医院を訪問した際は、必ずお薬を受け取る前にピルの常用を専門医に伝えておきましょう。

また飲み合わせの問題から、低用量ピルとの食べ合わせに気を配る方もいらっしゃいますが、基本的にピルは食事によって悪影響を受けません。
冷麺と低用量ピルは相性が悪い、との意見がありますが、特に科学的根拠はなく、
せいぜい冷やし過ぎた生麺を食べ過ぎて、体温を下げ過ぎないように気をつける程度です。
グレープフルーツは医薬品と同時に摂取すると、副作用が現れますが、
冷麺に含まれる成分や具材に危険な働きをするものはなく、比較的低カロリーな食事ですので、太る心配もありません。