低用量ピル服用中のビタミン剤の併用は可能?

低用量ピルは服用することで確実な避妊が期待できる現在ある避妊方法の中でも最も効果的なものです。
女性の体の中に妊娠状態と似た状態を作り出し、排卵を防ぐことで確実な避妊をするというのが低用量ピルの働きです。
確実な避妊効果があるだけでなく、男性の協力を得なくても女性が独自に避妊をすることができるのがこうした低用量ピルの大きなメリットになります。

気になるのがこのピルと飲み合わせの悪い薬があるかどうかです。
またビタミン剤やサプリメントを摂取している方も飲み合わせが大丈夫か知りたいと考えています。
低用量ピルを飲む際に避けたい薬が、ステロイド、テトラサイクリン系ペニシリン系抗生物質、血糖降下剤、抗てんかん剤などの薬です。
これらの薬を服用している方は残念ながらピルの服用をすることができません。
一方ビタミン剤などのサプリメントを摂取している方は問題なくピルを利用することができます。
ただしサプリメントの中でセントジョンズワートはピルの働きを強めてしまう可能性があるので注意が必要です。
セントジョンズワートは西洋のハーブの一種で天然の抗うつ剤と呼ばれるほど高い効果があるリラクゼーションのサプリメントです。
ピルを服用する場合にはセントジョンズワートの利用は一旦中止するのが良いでしょう。

そのほかにもピルを利用する方は喫煙習慣に注意しなければなりません。

35歳以上で1日にタバコを15本以上吸う方はピルを利用することができません。
また妊娠中の方も利用することができないので、ピルを飲み始める前に妊娠していないかしっかり確認する必要があります。
このようなことに気をつけて正しくピルを利用することで自分らしい毎日を送ることができるようになります。